モンジェイックの夕日

5月23日のサンセットの時間は20時28分と調べて、モンジェイックの丘からの夕陽を見に行きました。
地下鉄3号線パラ・レル駅まで行き、フニクラというケーブルカーに乗り換えます。

しかし、パラ・レル駅で右往左往、フニクラに乗る場所が見つけられなかったのです。案内ボタンを押すと、インターホン応対で教えてくれるのですがスペイン語が理解できないので泣きそうでした。

そばを通りかかった女性(学生ぐらい)に片言英語で尋ねると、連れて行ってくれるという親切な人。駅名は地下鉄と同じでしたが、地下鉄の改札を出て地上に上がり街中を少し歩いて行くわかりにくいところにありました。サンセットの時間が迫ってくるのでとても焦りました。

フニクラが頂上に着くとまだ太陽がそこにいました。どこへ行ったらより良い景色なのだろうと祈るような気持ちで見当を付けて走りました。ちょうど向こうの山の頂上に太陽がまさに落ちる所でした。太陽が沈んだ後の赤く夕やけに染まる空の美しさ、さすがモンジェイックの夕陽でした。

帰りもドーハ経由で帰国。20時間以上の移動だったので旅行は楽しかったのですが、飛行機の移動でかなり疲れました。